SE職の転職事情まるわかり!

SE(システムエンジニア)の転職事情

ここではSEの転職について言及してみたいと思います。
SEはシステムエンジニアの略であり、コンピューターシステムの設計、システム開発のプロジェクト管理などをする技術者のことです。

 

例えば、ひとつのソフトウェアの依頼を受けたとすると、そのソフトウェアのシステムを構成する機能についての細かい仕様を顧客と打ち合わせソフトウェアを設計・開発していきます。その設計を元にプログラマーがコンピュータープログラミングをするわけですが、SE自らがコンピュータープログラミングを兼ねることも少なくありません。

 

コンピューターシステムの設計・開発においては要のマネージャー的存在であり、コンピューターの知識やスキルは元より、コミュニケーション能力やマネジメント能力、更には卓越した日本語力、英語力等も求められます。それ故、SEは理系出身だけに留まらず文系出身も何人か見られます(とはいえ理系が圧倒的に多いですが)。

 

SEになるために絶対必須な資格というのはありません。しかしながら国家試験である情報処理技術者試験の資格を有していると転職にはかなり有利であると言えるでしょう。
情報処理技術者試験は基本情報処理技術者試験を基本とし、応用情報処理技術者試験、高度情報処理技術者試験という様にレベルが上がっていきます。

 

その他各種のベンダー資格も場合によっては就職に有効に働くでしょう。ベンダー資格にはMCP(Microsoft Certified Professional)、オラクルマスター等があります。

人は完全な生き物ではなく、どこかしら汚れている為、無色透明な無垢なものに対するあこがれがある。宗教などでも原罪などがあるように、何かしらの闇を抱いているという考え方は昔からあるものだろう。パワーストーンの中でも透明なものはやや特殊だ。

 

水晶やダイヤモンドなど石を代表するものも多くあり、ムーンストーンやセレナイトなど月を連想させるパワーストーンも多い。白や透明は純真の表れであり、けがれ無き存在として神秘的な扱いを受ける傾向にある。神聖な儀式などには水晶が用いられることも多いことからわかるだろう。また、ダイヤモンドは宝石としても値打ちが非常に高く、永遠の愛を意味する石だとも言われている。純真な愛を表し、潔白を示すのだ。

 

透明や白は真っ白なキャンパスを思い描けば分かるように、それからどのようにも変化しうる可能性を秘めている。間違った方向にいけば真っ黒になってしまう危うさも兼ね備えているとも言えるだろう。純白には弱い部分もあるのだ。特に汚れとか。

 

パワーストーンとして、白や透明の石は非常に強いイメージがある。持っていることで、強い清廉潔白な印象があるとともに邪気も払ってくれそうな神聖なイメージがあるのだ。アクセサリーとしては透明や白の石はとても使いやすい。パワーストーンを組み合わせてアクセサリーを作るのであれば、アクセントではなくパーツの一つとして、また邪気払いの効果として透明や白の石を用いるといいだろう。

SE技術が世界中で成長させるスピードは、誰もがコンピューターを簡単に操作でき、その技術者のポジションが注目を浴び、転職者が人気です。転職者は、一般的に、精通した個々の必要な知識を持っているコンピュータ技術、責任と具体的な任務の役割は非常に重要です。

 

コンピュータエンジニアには、技術の世界で重要な役目を担っています。SEの基本的な定義は、計画を研究し、コンピュータのオペレーティングシステムを開発です。一つとして種類がさまざまであるコンピュータのエンジニアは、ほんの数名にそのような軍事、産業又は医療など、特定のジョブの位置とコンピュータの使用に関する一般的なコンピュータの使用や取引を扱うことができるのがSEです。

 

一般的な責務SEが、自分の仕事の位置に実施しなければならないいくつかの一般的な責任があります。

 

SEは、コンピュータのオペレーティングシステムに関する情報を調査し、現在のオペレーティング・システムを確認し、システムに変更を加えても、このタイプのオペレーティングシステムを開発することができる必要があります。

 

彼らの能力を最大限に自分の毎日の仕事のタスクを遂行することを保証するために、コンピュータ科学、数学や工学の分野での知識を必要とされ、彼らが、問題に直してもスキルを持っている必要があり、優れた問題解決能力を持っている人は、自分の仕事の役割がはるかに簡単な方法で完了することがあります。

SE業界は転職が珍しいものではなく、2回3回と会社を変えてきた経歴の人も多いものです。
そして転職してさらにスキルと年収アップに成功している人と、同じような理由で何度も会社を変え続け、年月がたってもさほど成長したと思うことができない人の差も激しくなっています。
転職に成功するかどうかは、「自分は何がしたいか」という目的が明確になっていることがカギを握っています。

 

転職を決意する前に、会社を辞めなければならない理由を明確にしておきましょう。年収が少ない、残業が多すぎる、やりたい仕事をさせてもらえないなど、理由は様々あると思います。
とにかく嫌になったので辞めたいという曖昧な理由だと、新しい会社は応募時には何でもよく見えてしまい、入社してから「こんなはずではなかった・・・」と後悔することになります。しかし辞める理由を明確にしておくことで、次に選ぶべき会社の基準がわかるはずです。

 

年収アップを狙うのであれば、今までのスキルや経験が活かせる業務ができる会社を選ぶべきでしょう。残業の少ない環境に身を置きたいのであれば、派遣や契約社員が適しているのかもしれません。将来はテクニカルのスペシャリストになりたいのか、プロジェクトマネージャーなどの管理職につきたいのかも、新しい会社を選ぶうえで大変重要です。

 

そのような希望がはっきりとしていれば、面接のときにマッチする会社かどうか見極めることができます。会社に選ばれるだけではなく、こちらも会社を選ぶという意識でのぞむことが大切です。

 

SEとして何を目指しているのか、それがブレなければ、きっと転職で成功をつかむことができるでしょう。

SE(Systems Engineer システムエンジニア)に転職するに際しての職能を分類しますと、プロジェクトマネージャー、アプリケーションエンジニア、データベースエンジニア、ネットワークエンジニア、運用管理エンジニアに分類出来ます。

 

SEは、これらのエンジニアをまとめた、ソフトウェアに関する技術者ということになります。ただし、ソフトウェアエンジニアのみで良いかというとそうではありません。ハードウェアについてもよく知っておかなければならない点も多いのです。今回は、運用管理エンジニアに、重点を当ててSEの転職について考えて見たいと思います。

 

運用管理エンジニアは、システム全体の運用について専門の技術者集団になります。ハードウェアからソフトウェア、ネットワーク、データベース、アプリケーションの各分野について、全般的に扱います。

 

運用管理エンジニアは、システムの効率的な運用を考えることがベースにあります。TCO (Total Cost of Ownership) 管理が叫ばれていますが、システムのメンテナンスコストがシステムを運用する際に、大部分の費用を占めています。

 

したがって、メンテナンスビリティが良いことがシステムの運用コストを効率的にすると言っても過言ではありません。したがって、メンテナンスビリティが良いシステムにすることがTCOを低く抑える事につながります。

 

そのように、システムが設計されるように、開発チームに要望を挙げて行く必要がありあます。他に、性能評価、性能改善、各機器のサイジングなどを行うとか、システムリソースの管理とか、トラブル管理など行い、システムが安定稼働するように努めます。